• たのしみたいない
    • 第1回甘草栽培促進協議会が開催されました

      協議会の冒頭であいさつする吉田胎内市長

      7月2日、胎内市役所にて、昨年から栽培を開始したレアプラント「甘草」の栽培促進とブランド化を推進するための「甘草栽培促進講義会」の第1回会合が行われました。

    • 協議会の開催にあたり挨拶する吉田市長
    • 7月2日(月)胎内市役所にて、「甘草栽培促進協議会」の第一回会議が開催され、胎内市の生産者、JA.地元企業など関係者の方々が参加しました。

      胎内市での甘草栽培においてご指導・ご支援いただいている、新日本製薬のご担当者様も福岡から駆けつけてくださいました。


      胎内市における甘草栽培における基本的な戦略や、栽培技術の確立、甘草を使用した商品開発の方向性などを、中心議題として話し合いを行いました。

      甘草の街=胎内市となるように、単に甘草を栽培して出荷するだけでなく、既存にある胎内の財産である胎内高原の水やその他の資源を利用した、胎内らしい商品の開発は大いに期待がもてる事業となること、間違いなし!と確信しています。


      同時に甘草栽培促進協議会の役員の選出も行われました。

      会長に農林水産課課長・高橋晃氏、副会長に大印 合同青果(株)・小野久衛氏、JA中条町代表理事組合長・水沢勝正が選出され、即断実行ができる体制となりました。

      胎内市「甘草プロジェクト」いよいよ本格的始動です!
      我ら、応援隊プロジェクト成功へ向けて、より一層応援したいと思います。